行政保健師採用試験対策なら、看護職ハピネスゼミ

follow us in feedly

2018年度特別区合格(保健師職)-毎日の積み重ね

外科病棟で看護師として勤務し、中堅として毎日忙しく勤務しながらも、学生時代は、保健師にもなりたいと思ったなと、ふとよぎることがありました。

 

地域で住民の方に、予防活動を行なっていきたいなと、日々、病気になって入院される患者さんを見て、思うことがありました。

 

30歳目前でしたが、保健師採用試験を受験できることを知りました。

 

そして、私はチャンスがあるなら、今、チャレンジしないといつかきっと、後悔すると思い、働きながら、保健師採用試験を受けることを決意しました。

 

 

しかし、働きながら、勉強時間を確保し、保健師採用試験合格を目指すのは容易なことではありません。

 

そのため、効率的に勉強できるところ、採用試験に関する合格実績が豊富なところを考え、これまで多くの保健師採用試験合格の実績を誇っている看護職ハピネスゼミで学ぶことを決めました。

 

ハピネスゼミの先生方は大変丁寧にご指導してくださり、おかげで第一志望の特別区採用試験に合格できました。

 

私は、決して成績が良かったわけではなく、私が今後受験される皆さんに合格体験記を書くのはおこがましい気がしますが、諦めることなく、少しの時間でも勉強を続けたことが良かったと思います。

 

毎日少しの時間でも勉強する、これだけは受験前日まで守りました。

 

たった15分で、疲れて寝てしまったこともあります。

 

それでも毎日の積み重ねが最後に、桜を咲かせてくれました。

 

仕事をしつつ、最後まで諦めず頑張れたのは、先生方のご指導、サポートのおかげです。

 

本当にありがとうございました。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

行政保健師専門試験対策講座」は、こちらをご覧ください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

2018年度特別区合格(保健師職)-毎日の積み重ね関連ページ

2018年度合格実績(行政保健師採用試験)
行政保健師になるための公務員試験勉強法について。
2018年度東京特別区採用試験合格-遅いスタート
2018年度東京特別区採用試験合格―合格体験記