行政保健師採用試験対策なら、看護職ハピネスゼミ

follow us in feedly

行政保健師採用試験で、男性だと不利になることはありませんか?

保健師,公務員試験,男性,不利

行政保健師採用試験で、男性だと不利になりますかと聞かれることがありますが、不利になることはありません。

 

採用試験で、男女の差別をすることはありません。

 

今は、多くの男性行政保健師がいます。

 

これから行政保健師になりたい男性は、そうした男性の後に続きましょう。

 

就職後も、行政保健師の業務で、男性がいると助かる部分が多くあります。

 

精神関係の業務では、男性保健師がいると助かる部分もあります。

 

地域で住まわれている患者さんに訪問にいくことがありますが、精神運動興奮が強い場合、男性の保健師に行ってもらうことがあります。

 

地域で、精神疾患を有する方を見守っていきたいが、興奮が強い場合、男性の手が必要になる時もあります。

 

行政保健師では、他の業務も男性は担当しますが、男性は多くの場合、精神の担当になることが多いです。

 

基本、検診関係は男女関係なく業務に関わりますが、それぞれの保健師は、業務担当があります。

 

成人関係の担当保健師、精神担当の保健師というように、担当が決まっています。

 

その中で、男性は精神の担当になることが多いです。

 

採用試験において、男性であることで不利になることはなく、点数で決まります。

 

だから、男性の方で行政保健師になりたい方は、安心して、試験準備を行ってください。

 

今は、多くの男性保健師が活躍しています。

 

私も、行政保健師になって10年ほどですが、多くの自治体で男性の保健師を見かけるようになってきました。

 

なってからも、業務上の不利はなく、働いています。

 

精神の担当ではなくて、成人の担当をしたいなど、それぞれ、男性の方にも希望はあると思います。

 

就職した後も、自分の希望を聞かれる機会があります。

 

そこで、自分の希望を伝えていけば、いずれ自分が担当したい業務を任せてもらえます。

 

でも、男性の保健師は、精神の担当になることも多いというのはありますね。

 

行政保健師についてどのようなことでもご質問がございましたら、遠慮なくご質問ください。

 

こちらより、ご質問ください。

 

行政保健師として就職するための公務員試験勉強法は、こちらをご覧ください。
(written byくにちゃん

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   


行政保健師採用試験で、男性だと不利になることはありませんか?関連ページ

現役保健師が紹介!行政保健師の具体的な仕事内容
保健師の仕事内容を、現役保健師が具体的に紹介
行政保健師の具体的な1週間の生活とは!?
行政保健師の具体的な1週間の生活を解説!
現役行政保健師が紹介―行政保健師の年収!?
現役行政保健師が保健師の年収を紹介
こんなにあるの!?行政保健師のメリット、デメリット
行政職保健師の仕事、生活のメリット、デメリッを現役保健師が解説
東京都の行政保健師は、島勤務あり!?
東京都の行政保健師の勤務場所、生活について。
男性行政保健師は辛い!?男性行政保健師の実情
女性行政職保健師からみた男性保健師の実情
現役行政保健師が感じる行政保健師のやりがい
行政保健師のやりがいを感じる場面
一度行政保健師として就職したが、他の自治体を再度受け直すことは可能!?
一度行政保健師として就職したが、様々な理由により他の自治体を再度受け直すことは可能か!?
男性行政保健師を目指していますが、男性だと点数に差がつけられますか?
男性行政保健師を目指していますが、男性だと試験で点数に差がつけられますか?
非常勤の行政保健師に採用されるには!?
非常勤の行政保健師に採用される基準