「看護大学院受験英語対策講座」のご案内

follow us in feedly

2019年入試用「看護大学院受験英語対策講座」のご案内

看護大学院,英語,予備校,対策

今回は、「看護大学院受験英語対策講座」のご案内をします。

 

まずは、講座開設経緯を簡単にご説明していきます。

 

看護大学院受験は英語で合否がほぼ決まるが、英語対策はどうすればいいかわからない

 

「看護大学院に合格したいのですが、英語が苦手で困っています。今まで英語ができなくてもなんとかなりましたが、大学院は、看護の専門試験はみな看護職なのでできて当然ですし、点数が開かないと聞きます。英語が大学院合格の重要科目になりますが、苦手すぎて困っています。どうしたらいいでしょうか?」 よく受験生からこのような質問をいただきます。

 

看護大学院受験についてよく理解されており、英語が大学院受験の最重要科目です。

 

看護大学院受験科目である専門試験は、みな看護師や保健師、助産師ですし、はっきり言ってみなできます。

 

専門科目は勉強しやすいですしね。

 

わからないことは自分で調べれば大抵解決しますし、勉強しやすいからこそ、みな勉強してきて、点差は開きません。

 

それだからこそ、重要な合否のカギを握るのは、英語になるのです。

 

英語は、ある程度までは自分で勉強することもできますが、看護大学院で出題されるような看護系の英語長文や、医療系の英語長文対策に適した問題集はほとんどないというのが現状です。

 

英語ができれば、どの大学院入試も突破できる

 

英語ができればどの大学院の入試でも、他の受験生を圧倒することができます。

 

所長自身、地元の看護短大に通っていましたが、看護大学に編入しようと決意し、そこから英語を必死に勉強し始めました。

 

そうして勉強していくうちに、英語の成績は急上昇しました。

 

結果的に、編入試験では、東京医科歯科大学に合格して編入し、その数年後、今度は大学院入試で、東京大学大学院医学研究科に合格し、修士課程、博士課程を終了しました。

 

これらの入試で活躍してくれたのが英語でした。

 

専門試験では点差が開かない分、英語の出来が合否を分けます。

 

私はこれまで、多く看護大学院受験生を指導してきました。

 

初めは英語が全くできない生徒も多かったですが、指導していく中で英語が段々できるようになっていき、自分が志望する看護大学院に次々受かっていきました。

 

今回は、長年蓄積した看護大学院受験英語対策のノウハウを、この講座に詰め込んでいます。

 

看護大学院に行って、自分の夢を実現したいという受験生を応援します。

 

『看護大学院受験英語対策講座』のビジョンは「英語で他の受験生を圧倒すること」

 

看護大学院受験英語対策講座は、英語で他の受験生を圧倒するために設立されました。

 

看護大学院受験英語対策講座は、看護職として叶えたい夢があり、その夢の実現のためには、看護大学院に行く必要があるという目的意識をもった受験生を応援します。

 

「専門看護師になりたい」「看護大学院で知識を身につけ、臨床、患者さんに貢献したい」「看護研究者になって、研究を通して臨床に貢献したい」など熱い情熱をもっている受験生を応援します。

 

そうした受験生に看護大学院に合格してもらい、今後の看護分野を引っ張っていってほしいと願っています。

 

看護大学院入試は、看護教育の大学化に伴い、年々受験生も増え、難易度が上がっています。

 

看護大学院受験英語対策講座を受講することによって、英語で他の受験生を圧倒する対策をとることが可能となります。

 

ぜひ看護大学院入試を突破して、

 

専門看護師になり、患者さんにさらに質の高いケアを提供する

 

看護研究者になり、看護学の発展に寄与する

 

看護の知識をさらに身につけ、患者さんに対して自分ができることを拡げる

 

そんな看護職になるために、看護大学院合格に向けて歩みを進めてください。

 

看護大学院受験英語対策講座のサービス

 

毎週、看護大学院受験英語で出題される頻出の問題を配信致します。

 

市販の問題集では対応できない、看護独自の長文問題、医療英語長文対策をします。

 

毎週配信する英語長文を何度も読み込んでいくと、自然と、英単語の知識が備わるだけでなく、本番で使える英語の読み方も身につきます。

 

『看護大学院受験英語対策講座』は、看護大学院受験英語験対策に精通した、看護大学院受験経験者スタッフにより作成しております。

 

今までは個別に依頼くださった方に、個人指導の形で看護大学院英語対策を指導してきました。

 

おかげさまで皆さん看護大学院に合格し、それぞれの分野で勉強、研究に励み、看護大学院を修了した方々は、臨床に戻り活躍されていたり、看護研究者になって大学で研究、教育と活躍されています。

 

今までの指導をまとめ、さらにわかりやすいようにバージョンアップしたのが今回の『看護大学院受験英語対策講座』になります。

 

毎週、看護大学院受験英語の選りすぐりの問題を詳しい解説付きで配信致します。

 

「看護大学院受験英語対策講座」は、2019年1月から8月までの講座となっています。

 

今まで個別に看護大学院受験対策指導をしてきて、もう1つこの講座の特徴として、看護大学院入試における面接対策にも有効ということがあります。

 

看護大学院入試の英語で出題される問題というのは、看護や医療分野でトピックになっている事柄の英語論文から出題されることが多く、こうしたトピックの英語論文を講座では扱いますが、英語受験講座でこうした英語を読んでおくと、面接で、トピックになっている事柄について聞かれても、答えることができるようになります。

 

面接では、志望理由などとともに、看護、医療分野で話題になっている事柄の知識があるか、それにつしてどのように考えているかについて聞かれることがあります。

 

講座で、トピックになっている事柄に関する英語を読んでおくことで、知識は備わり、自分の考えを述べることができるようになります。

 

こうした講座の特徴により、他の受験生を圧倒するような英語力を身につけられるだけでなく、面接試験対策でも高得点を取ることができます。

 

2018年10月26日(金)より申し込み開始:先着50名様まで

 

看護大学院受験英語対策講座は、2018年10月26日(金)より申し込みが開始となります。

 

この講座は、50名様限定で開講します。

 

皆さまからのご質問等に丁寧に回答するためにも、50名様限定であることをご了承ください。

 

先着50名様までがご受講いただけます。それ以降は、ご受講できませんので、ご注意くださいませ。

 

講座は、2018年1月6日(日)〜開講致します。

 

毎週、選りすぐりの問題を、詳しい解説付きで、皆さまのPCメールアドレス宛に送ります。

 

解いていくことで、看護大学院英語試験に自信をもって望むことができます。

 

どうしても看護大学院に合格したいという情熱をもっている方、自分は専門看護師、特定看護師になってさらに知識、技術を身につけで、患者さんに貢献したいと強く考えている方、今まで何度も看護大学院試験に落ちてしまっているが今回どうしても合格したい方、私たちの講座をご検討くださいませ。

 

講座名 講座回数 授業料 講座開始時期
看護大学院受験英語対策講座 全30回 120,000円 2019年1月6日(日)〜

 

入学金、冬期講習費用、夏期講習費用は必要なし

 

私たちのゼミでは、入学金、冬期講習費用、夏期講習費用は必要ありません。

 

大学院受験予備校では、講座を1つ受講するにも、入学金(3万円〜5万円)が発生し、その他に、冬季講習費用や、夏期講習費用が発生します。

 

1つ講座を受講するにしても、13万円くらいかかり、その他に、講習費用がかかります。

 

こうした講習を取らないと、あたかも大学院に合格できないように説明され、講習を何個かとるように言われます。

 

講習費用だけで、1つあたり25000円ほどかかり、それを複数取るよう促されます。

 

講習は、冬季(1月)と夏期(8月)があり、それぞれ費用が発生します。

 

英語の講座を取るだけでも、合計で20万円ほどになってしまいます。

 

看護大学院を受験される方は、数年臨床で働いて、その後に、看護大学院を受験される方が多いですが、それでも、そんなにお金の余裕はありません。

 

臨床を経ず、看護大学等から直接、看護大学院に進学を希望される方にとっても、お金の問題はさらに大きいです。

 

こうした大学院予備校の料金の高さもあり、予備校に通えなかったり、そもそも看護大学院を受けること自体を辞めてしまう方も多くいました。

 

私たちは、こうした現状を踏まえ、入学金、冬期講習、夏期講習費用は取らず、講座を1つ取れば、看護大学院合格まで導いてくれる講座を作りました。

 

しかも、受講料は安く抑え、受講生の負担があまり大きくならないようにしています。

 

その分、受講できる人数には制限があり、50名と制限しています。

 

例年受講希望が多く、本講座は50名と人数を制限していますので、短期間で枠がうまってしまいます。

 

受講希望者は、第一志望の看護大学院を書いて、以下の看護職ハピネスゼミ事務局まで、お早めにご連絡ください。

 

kangogakusei.happiness.project*gmail.com (*を@にしてください)

 

先着順です、お早めにどうぞ。

 

ご不明な点は、こちらよりご質問くださいませ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加